ビタミンCは、強力な抗酸化作用があります。ビタミンCは、美容成分としても素晴らしい効果を発揮するのですが、そのためには次の2点はとても大切です。

・どんなタイプのビタミンCが使われているか?
・含有量はどのくらいか?


まず、ビタミンCとビタミンC誘導体は、全く違うものです。

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれます。ビタミンCは強い酸であるため、肌に塗るとヒリヒリします。これは肌に強すぎる刺激となります。さらに、不安定で壊れやすくすぐに分解してしまいます。

また、水溶性であるため、肌細胞を突き抜けることが出来ないため、肌に浸透していきません。

したがって、美容成分として肌に塗るためにはビタミンCは適しません。


一方で、ビタミンC誘導体は、吸収されると肌の酵素によって皮膚の中でビタミンCに変化します。
びたみんC誘導体は、ビタミンCに別の物質を結合させたものです。結合させる物質によって、ビタミンC誘導体はいくつかの種類があります。



・リン酸ビタミンC(AP)
水溶性のビタミンC誘導体です。
リン酸-Lアスコルビン酸Naやリン酸-L-アスコルビン酸Mgなどがあります。
前者の方が、後者の方より刺激性が高いと言われています。しかし、生産コストが安いためよく使われています。
保存は、開封後は冷蔵しないといけません。


・アスコルビン酸グルコシド
ビタミンCに糖を結合させたもの。刺激性は低く、安定性は高く、常温で長期保存ができます。
しかし、人の肌はこの形のものをビタミンC変換できないと、研究で発表されています。


・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(テトライソパルミチン酸アスコビル/VC-IP)
油溶性のビタミンC誘導体です。
ビタミンCエステルとも呼ばれています。

水溶性ビタミンC誘導体より皮膚からの吸収が数倍良いと言われています。刺激も少なく、長時間作用してくれます。

保存は、開封後は要冷蔵です。


・アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)
水溶性と油溶性の両方の特性をもつビタミンC誘導体です。


■効果的なビタミンC誘導体の濃度  
ビタミンC誘導体の効果は、3%以上の濃度で効果が表れると言われています。1~2%程度の美白化粧品では、単体での効果はあまり期待できません。
医療現場で使われるものは5~6%の高濃度のものもあります。
ただし、濃度を上げすぎると刺激性が出てくると言われているので注意が必要です。